吟遊詩人のようにピアノで唄いたい  アマチュアピアノ弾きのピアノに関する雑感を綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
私信です。
とらいあんぐるの師事している先生の発表会についてのご連絡です。

私の本番演奏の怖いもの見たさなのか(笑)
通っている生徒さんのご威光なのか(多分こっち)
多くの方からご連絡(メールや口約束(?)などで来て頂けることになっています。
ピアノの輪が広がっていることは本当に嬉しいですね。


ここで残念なお知らせなのですが、
ご連絡しました当日の予定・・・実は出演する当の本人の都合がまだ立っていません。
ついでにここ1週間くらい、ほとんど練習も出来ていないし、
本番までの練習時間の確保も全く見通しが立っていないのです。

もちろん当日の予定さえなんとかなれば、今の状態でも出演する気分です。
(これも悩むところなんだけど)


最終的な私の都合などは年末頃にご連絡出来ると思います。
もちろん私が出演出来なくても聴きに来て下さるのは無料ですからOKですよ。

なにか不明な点がありましたらご一報頂けるよう、お願い致します。
身勝手だけど「それでも予定空けておきますよ!」というお言葉が欲しい気分です。


お暇な方は追記へどうぞ。
スポンサーサイト
[ 2008-12-06 (Sat) 00:29 ]   Comment(5)
   Category:独り言
今日はちょっと時間の余裕があったので、
自宅で部分練習もせずに(笑)気分転換も兼ねて外へ練習(録音)しに行って来た。

やっぱり大きめのピアノは音の広がり、レンジ、低音の響きが違うな~。
曲の出来自体は前回などの方がまだバランスがマシだけど、
今日弾いてきたものに録音を差し替えておきます。

意外と低音を出せている事が解って(まだまだだけど)ホッとしました。


部分練習・・・本気で始めないと(ずっと言ってる気がする)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


[ 2008-12-07 (Sun) 23:44 ]   Comment(2)
   Category:録音アップの記事
録音公開ブログになってしまっている最近のブログ。
たまには違う毛色の記事でも書きます。

私の好きなピアニストの一人、

シプリアン・カツァリスの動画でもどうぞ。

Chopin Sonata No. 3 Movement 1



Chopin Sonata No. 3 Movement 4: Finale




「彼のショパンは変な音が聴こえて来るからあまり好きじゃないのよね~」
なんて意見も聞いた事がありますが(ごもっとも)私は大好きです。
左手のソプラノとかに素敵なメロディーが埋もれているんですよね。
これを聴くとやっぱりショパンはバッハなんだ、と感じる。
たま~に聴こえ過ぎと感じるのはセンスの違いですね。


この動画でもちょっといつものとは違う音が聴こえてくる箇所がたくさんある。
轟音で弾くピアニストじゃないし、この曲ではちょっとくどいところもあるけど、
やっぱり確信を持って楽しそうな音を出しているのが素晴らしいし、
なんと言っても同じ表現が全然無いんだ!
ペダルを使わないスタッカートでのフレーズの作り方なんて独特ですね。
もしショパンが聴いたら何て言うんだろうな。

ただこの人の芸風(?)なのかキョロキョロ(ギョロギョロ)しすぎでしょ(笑)
ニヤニヤしながら聴き入ってしまいました。


この人の演奏をもっと聴いてみたい方はこちらからどうぞ。
[ 2008-12-08 (Mon) 21:36 ]   Comment(3)
   Category:ピアノあれこれ
本番まで1ヶ月。
短いような長いような気分。

本番までに予定では2回、練習会など人前で演奏の機会がある。
前奏曲23-6の方は、人前で弾いたらどうなのかを実践するだけ・・・になったと思う。
特に後半は自分で聴こえる音が増えてきて、意図した音色でまとまってきた。
前半もオクターブを5,4,3の指で少しづつ繋げられるように。
全体的にテンポが遅くなったのが、間延びしていないかが少し心配。

32-12は・・・やっぱりまだまだ危険すぎ。
全体的に旋律が拍前に詰まってる(つっかかってる?)んだよな~。
難しいギターっぽい左手も誤魔化せるくらいにしか馴染んでない。
ひとつ改善されて来たのがこの曲で終始続く右手の分散和音。
なんというか「バタバタした音」が少なくなって来た。
こちらも人前で弾いてみてどのくらいガラガラと崩壊してしまうのかが楽しみ(笑)

ひとまず12月中にレッスンをお願いしなくては!

お暇な方は追記へどうぞ。

[ 2008-12-13 (Sat) 14:12 ]   Comment(6)
   Category:ピアノあれこれ
2008年もそろそろ終わり。
ちょっと早いけど、今年のピアノの取り組みをまとめてみます。


バッハ・・・12曲
インヴェンションとかパルティータ1番とかフランス組曲5番とかあわせて。
ツェルニー(30番)
8番で挫折(笑)
ショパン
ノクターン8番
シューマン
幻想小曲集 ”歌の終わりに” トロイメライ
ブラームス
間奏曲118-2
グリーグ
ホルベルク組曲 前奏曲
ラフマニノフ
前奏曲23-6、32-12 楽興の時3番 
フォーレ
舟歌1番
エルガー
愛の挨拶

「弾きました~!」と書いてはいけないのがほとんど・・・特にグリーグとかエルガーとか。

振り返ると頑張ってたくさん弾いたと思う、ちょっと偏ってるけどね。
古典と近現代が全くノータッチか。
今年の前半は時間的にも余裕があったけど、後半は時間も取れなくて曲もさらに無謀になってしまったから仕方ないです。


ツェルニー以外は(すみません)どれも本当に素敵な曲だったなぁ。
来年、曲数は減るのは目に見えているけれど(特にバッハ)
また色んな曲に出会える事を想像すると、楽しみです。

来年は古典を弾き続けようと考えているけれど、苦痛になったら方向転換すればいいです・・・よね?
それとそろそろ”得意な(好きな)”作曲家をつくりたいと考え中。
候補はラフマニノフなんですが、挑戦できる曲が限られているという難点がある。

まあ、選曲に関しては今まで通り拘り過ぎずに色んなものに挑戦します。
8分~10分くらいの大き目の曲にも挑戦したいな~。


後編へ続く
[ 2008-12-14 (Sun) 20:39 ]   Comment(4)
   Category:ピアノあれこれ
前編からの続きです。
今年のピアノ振り返り後編は、自分のピアノ全般に対する雑感です。


去年弾いた曲の録音を改めて今聴いてみると、本当に色々と気付く事が増えている。
当時はあまり気付いてなかったと思う。

具体的に特に変わったのは「それぞれの旋律を”閉じる””繋げる”」ということの意識。
これは”叩かないで弾く”というだけの事ではないです。
きっと短調の激しい曲ばかり弾いてたら考えも及ばなかったかも知れません。

それと「曲の中でどの旋律が大事だと自分なりに思うのか(好きなのか)」というのがそれぞれの曲で明確になるのが少し早くなった。
色んな方法や可能性に気付く力(読譜力と言っていいかな?)がまた少し付いたようにも感じます。

これはバッハをかじった事も大きな要因だと思うけれど、
やっぱりレッスン中に根気強く、
「あら~、ここの左手のバスの音の動きって素敵だと思うのよ~、どう?」とか、
「ここの右手の和音、1,5は動いていくけどの良く見たら真ん中だけずっと同じ音ね~」とか、
例えば時には「ブラームスはスラーはここまでって書いてるけど、こっちまで繋げるのも良いわよね~」
なんていう、師事している先生のレッスンがあってこそだと思います。
その読譜力、今までに膨大な音楽に触れて来た経験は計り知れないんです。

きっと1年後、数年後、また改めて振り返ると、
「ホント未熟だったな~、自分」と感じるのだと思う・・・というかそう感じたいですね。


もうひとつ変わったことがピアノの繋がりです。
ブログ繋がりでサークルに参加したりお蔭様で色んな練習会などにも呼んで頂いて、
また自分とは違うピアノをたくさん生で聴けた事も自分の糧になっています。
私の微妙な演奏を聴かされる皆さんには申し訳ないけど(笑)


随分とまとまりの無い乱文になってしまいましたが、
今年は技術的に云々ではなくて、”ピアノを弾くこと”が少しだけ上達したかな?と実感出来た1年でした。

来年の目標も今年と同じ。
「人前で会心の演奏をする!」「グダグダ言わずにいっぱい弾く!」
これで行こうと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
[ 2008-12-14 (Sun) 20:42 ]   Comment(9)
   Category:ピアノあれこれ
ブログで見かけた記事で改めて考えたことを少し。

「バッハは指練習になり得るのか?」というテーマです。
インヴェンションを始めた頃は両手が均等に動くから単純に指練習に良いかも。
と、感じていたけど今はちょっと違います。

結論から書くと現在も指練習に良いと考えてます。
その理由は・・・



[ 2008-12-21 (Sun) 00:05 ]   Comment(2)
   Category:ピアノあれこれ
サークル練習会に参加して来ました。

皆さん独自の音色があって素敵だったな~。
その中でもある方が弾いたインヴェンション、印象に残りました。
バッハはやっぱり色が出ますね。



自分の演奏は・・・危険な状態かな。
きっと欲張り過ぎなんだと思います。
ちなみに本番曲を2曲通しで弾かせて頂きました。

練習会では最近「もう一回」なんて弾き直しをすることもちらほら。
(自分なりの)良い演奏を聴いてもらいたい、という気持ちが悪い方向へ向かっている。


特に32-12は本番でまともに弾けるイメージが湧かない。
ちょうど1年前の即興曲1番の時とまったく同じ状態。
(結局その時は、暴走してすっ転びました)


どうする?
このまま伸るか反るかの博打を打つのか?
それとも走ってしまう怪しい箇所をもう一度、運指を含めてやり直すか?
もう迷っている時間はないんだ。

どちらの結果も知ることが出来れば良いのに。
オーバーアクションとか考えてるのはもう少ししてからにしよう(笑)

ちょっと後ろ向きな記事ですが、
本番が怖いなんて全く思っていなくて結構楽しみにしてるんです。
詳しい練習会の記事などは時間があればまた書くかもしれません。
皆さんとご一緒出来て楽しかったです(お酒もね)


[ 2008-12-23 (Tue) 10:00 ]   Comment(0)
   Category:ピアノあれこれ
行けない!

年が明けてからか!?


ということで今年のブログの更新はおそらくこれが最後になると思います。
(ブログは徘徊してます)
時間が取れたら年末は遠出しようと考えていたけど、
普段通り早めに帰宅したらピアノ弾いて、という生活になりそうです。


それでは皆様、Hope you have a merry Christmas and a happy new year!ってことで。

と言いながら更新したりして(笑)

追記
せっかくなので今年最後の録音をしました。
いつも練習会で指慣らしに弾くアレです。
聴き飽きた方がほとんどかと思いますが、お暇な方は追記からどうぞ。



[ 2008-12-23 (Tue) 13:18 ]   Comment(5)
   Category:独り言
更新と言うか私信です。

年明けの私の崖っぷち本番。
当日のとらいあんぐるの予定の見通しがたちました。
演奏の見通しはたっていませんが、今必死でもがいてます、ジタバタしてます。

諦めてなんかいません!

で、お知らせなんですが、
予想外にたくさんの方が来て頂けるようなのですが、もう一度皆さんの最終予定を教えて頂けますか?
(他の予定を入れた方もいらっしゃると思いますので)
メール、口頭、ブログなど、色々な方法でお知らせ頂いたので、
恥ずかしいのですが、どなたがいらっしゃるのか把握出来ていないんです。


一応、当日本番前にどこかで楽しくピアノでも弾こうかな~、と考えています。
(これに関しては、先にとらいあんぐるの仕上がりを聴いたら面白みやドキドキ(?)が無くなるのかも)

そちらの参加人数次第でどこか練習室を押さえようと考えてます。
本番終了の時間が遅いので、終わってからは時間とスタミナが残っている人だけ・・・です。

私のメールアドレスが微妙に解らなくて匿名コメントなどの際はメールアドレスをお忘れなく。
よろしくお願いいたします。
[ 2008-12-25 (Thu) 22:15 ]   Comment(3)
   Category:独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。